こだわりのタルト、ケーキのお店。 キルフェボン

search

contact us

店舗考案タルト

  • 横浜考案タルト
  • 福岡考案タルト
  • 仙台考案タルト
  • 銀座考案タルト
  • 京都考案タルト
  • 青山考案タルト
  • 浜松考案タルト
  • 静岡考案タルト

各店それぞれが考案したタルトを2022年1月より全店で販売いたします。30年の感謝の気持ちと、お客様に楽しんでいただきたいというアソシエの想いを込めて、地元食材や地域の特色などを活かした個性豊かなタルトを開発しました。
店舗がオープンした順番に静岡店、浜松店、青山店…と、1ヶ月ごとにメニューを変えて10種類販売します。各店が試行錯誤を繰り返して完成した味わいをどうぞお楽しみに!

横浜店考案タルト

8月 横浜店考案タルト
桃とネクタリンの杏仁ムースタルト
2022年8月の販売

【考案者コメント】
夏が旬の甘い桃と酸味のあるネクタリンで、横浜のシンボルでもある “みなとみらいの大観覧車” を表現しました。
縁にはゴンドラをイメージしてフランボワーズを飾っています。20年以上も横浜の街を明るく照らし続ける大観覧車のように、横浜店も末永くお客様へ愛され続ける店でありたいという願いを込めて考案しました。
また、ネクタリンの赤と仕上げにちらしたキラキラのパウダーで、横浜中華街の街並みも表現。中華料理のデザートに欠かせない杏仁豆腐からインスピレーションを受けた杏仁ムースを土台に採用しています。

横浜店は考案タルトの販売と同じ暑い8月にオープンしました。観光地も多い横浜ですが、なかなか思うように旅行に行けない世の中ですね。このタルトを食べて少しでも横浜の海辺・綺麗な夜景・中華街の賑やかさを感じてほしいです。


福岡店考案タルト

7月 福岡店考案タルト
すももと桃のプリンアラモードタルト
2022年7月の販売

【考案者コメント】
今が旬のすもも、桃をカスタードプリンと組み合わせ、みんなが大好きな味に仕上げました。ヘタ付きのサクランボと、ふんわり絞ったホイップクリームで、どこか懐かしいプリンアラモードを表現しました。
また、福岡の県花でもあり、県章のモチーフにもなっている“太宰府の梅”をイメージして、タルトの縁にすももをデコレーションしています。カスタードプリンに欠かせないカラメルソースは、主張し過ぎないようにしつつもほろ苦さを残すことに苦戦しましたが、納得のいくバランスに仕上がりました。
プリンアラモードの“アラモード”には“最新の流行”などという意味があります。福岡考案タルトがこの夏の流行りになれますように!という思いを込めて。
是非ご賞味ください!

仙台店考案タルト

6月 仙台店考案タルト
メロンとミルクムースのタルト ~オレンジ風味~
2022年6月の販売

【考案者コメント】
今まで多くのお客様に支えられ、キルフェボンは30周年、仙台店としては17年を間もなく迎えます。お客様への感謝の気持ちを込め、より多くの方に食べやすいケーキを考案したいと思い、このケーキが完成しました。
6月の仙台は街のシンボルの青々としたケヤキ並木が街を彩ります。長く伸びる大樹の通りは約700メートルも続き、その緑道から空を見上げると太陽の光がキラキラと降り注ぎ、とても素敵な景観です。その「杜の都・仙台」をメロンのグリーンで表現しました。仕上げにちらしたオレンジピールは仙台七夕まつりの短冊飾りをイメージしています。開発には時間がかかりましたが、とても勉強になり楽しく進めることができました。
メロンと蔵王三十六景牛乳の味わいを、アクセントのオレンジの清涼感と合わせてお楽しみください。

グランメゾン銀座店考案タルト

5月 グランメゾン銀座店考案タルト
輪花型 新潟県産 “越後姫”のタルト
2022年5月の販売

【考案者コメント】
5月の美味しいフルーツは何だろうと考えた時、自身の出身地である新潟県で食べていた“越後姫”を思い出しました。果肉が大変柔らかいため、生産されるほとんどが県内消費され、なかなか県外に出回ることが無いのですが、香りが高く果汁たっぷりで、酸味の少ないやさしい味わいの大変美味しいイチゴです。
開発中は“越後姫”とクリームとの味のバランスに苦戦しましたが、何度も試作を重ね、ホイップクリームを加えたやさしい味わいのカスタードクリームとほんのり酸味をきかせたイチゴクリームの2層にすることで、ベストな味わいが完成しました!仕上げはキラキラの金箔入りパウダーを縁にかけ、銀座の高級感と、降り積もる新潟の雪をイメージしています。
ジューシーで甘い“越後姫”とたっぷり入ったクリームのマリアージュを、たくさんのお客様に味わっていただけたら幸いです!

京都店考案タルト

4月 京都店考案タルト
黒洲きな粉とほうじ茶のタルト ~ショートケーキ風~
2022年4月の販売

【考案者コメント】
古都・京都らしさを出すため、きな粉とほうじ茶をメインに、わらび餅やしぼり豆など和の要素をたくさん詰め込んだタルトを考案しました。
フルーツがメインのタルトと違いシンプルな見た目ですが、きな粉の優しい黄色とホイップクリームの白色、いちごとミントで春らしくなるように工夫しています。
京都へお越しいただくのが難しい方にも、お近くの店舗で“はんなり京都”気分を味わっていただけたら嬉しいです。

青山店考案タルト

3月 青山店考案タルト
白イチゴと桃薫のタルト~ロイヤルミルクティー風味~
2022年3月の販売

【考案者コメント】
思わず写真を撮りたくなるような、ショーケースに並ぶたくさんのタルトの中で一番"かわいい”タルトを目指して開発しました。
白イチゴ“初恋の香り”の淡いピンクと“桃薫”の桃色、ニ色のイチゴのやさしいコントラストや、輪花型のタルトを使ってふんわりお花がひらいたようなかわいいデザインがなにより自慢です!
もちろん味にもこだわりました。土台部分はそれだけ食べても美味しい、ロイヤルミルクティーのムースとアーモンドクリームの組み合わせです。
茶葉はアッサムを使用し、紅茶の香りとコクがしっかりと広がる味わいに仕上げました。イチゴと紅茶の味のバランスが難しかったですが、試行錯誤しようやく完成した自信作です。
たくさんの注目を集め愛される、アイドルのような存在のタルトになったら嬉しいです!

浜松店考案タルト

2月 浜松店考案タルト
静岡県浜松市産 “白柳ネーブル”のタルト
2022年2月の販売

【考案者コメント】
浜松は温暖な気候と豊かな自然環境に恵まれ、170品目以上の農産物を生産する、全国でも有数の農業王国です。たくさんの食材がある中で、タルトのメインに選んだのは店舗スタッフも大好きな「浜松ネーブル」。浜松店考案タルトを販売する2月の今がまさに旬ど真ん中です!
甘く果汁たっぷりのネーブル本来の美味しさを味わっていただきたいので、あえてシンプルに仕上げたタルトには、周年祭らしくエディブルフラワーを飾って華やかに仕立てました。明るい太陽の色でもあるオレンジは、これからもたくさんのお客様に愛される店でありたいという想いも込めています。

静岡県産 “紅ほっぺ”と煎茶のタルト

1月 静岡店考案タルト
静岡県産 “紅ほっぺ”と煎茶のタルト
2022年1月の販売

【考案者コメント】
30周年記念タルトの開発にあたり真っ先に浮かんだものは、いつもの見慣れた景色の中に広がるお茶畑と、イチゴやみかんといった静岡を代表するフルーツでした。 富士山とお茶畑が広がる風景とどこかゆったりとした風土は、静岡にしか無いものだと改めて感じ、タルトでこれを表現する事を目指しました。
開発中は、繊細な煎茶の味と香りを活かすことに苦戦しましたが、とてもいいバランスに仕上がったと思います。
キルフェボン発祥の地・静岡から感謝の気持ちを込めてお作りしました。是非たくさんの方に楽しんでいただけたらうれしいです。

page top